サクラスタジオ・フォトグラフィーについて


サクラスタジオ・フォトグラフィーの写真の考え方

写真は記憶を留めるための「記録」と考え、大事なのは今、誰かと生きている日常。だから、この場で想い込めて写真を撮ります。

 

①サクラスタジオの写真はとてもシンプルです。白またはグレーの単色背景のみで撮影する都内でも珍しいスタジオです。当スタジオに衣装は置いていおりません。当スタジオにセットや小道具は置いておりません。スタジオセットや小道具などの演出ではなくお客様自身・被写体が「主役」という思いがあるからです。もちろん、ご自身で持ち込んでいただいたお気に入りのモノや服装は「主役の一部」となりますので遠慮なく持ち込んでください。写真は「映え」ではなく「その時の記録」だと考えています。

 

②一人ひとりに時間をかけます。最長で1時間ください。丁寧に大事に撮影させてください。

 撮影時間が1時間という事ではありません。長く撮ればいい写真が撮れるというワケでもありません。

早い人は10分で終わります。当スタジオは時間制ではなく、納得の写真が撮れれば終わります。

ただし、どの人に対しても、「想いを込めて」写真を撮ります。

人により撮影時間は異なります。

 

③独特な陰影にこだわっております。

一人ひとり、顔や形は違います。なので一人ひとり、違う光をつくり、影をつくる。

なめらかな陰影にこだわる。簡単そうで、実は難しい技術です。

 

 ④白黒写真にこだわっています。

色情報のない写真は光と影と表情だけです。これもただ白黒にすればいいという問題ではありません。

簡単そうで、これも実は難しい技術です。

 

⑤道具にこだわっています。

「弘法、筆を選びます」これ、すごく大事です。最高の道具でないと最高の写真は撮れないと思っております。

カメラは中判デジタルカメラの「Hasselblad H6D-50c」。安定した表現に有利なニコンのハイエンド機、フイルム撮影のときはライカなど国内外の一流機材を使用して撮影しております。

 

ごあいさつ。

写真事務所を開設して今年で18年を迎えました。スタジオは10年目を迎えました。今回、ホームページをリニューアルするにあたり写真の整理を行いました。過去に使っていたバックアップ用のハードディスクを取り出し改めて見直してみました。2004年10月29日・最初の記念すべきプロとしての仕事はカレー屋さんの撮影でした。まだデジタルではなくフィルムです。今見直すと本当にダメな写真でした。今思うと、とてもお金を頂戴するレベルではありません。当時のお客様、本当に本当にすみませんでした。あれから反省と努力を重ね、なんとか今日まで写真撮影を生業としてやってくることができました。本当に支えてくださったお客様のおかげです。これまでの18年間で実に3112件(2021年5月11日現在)のお仕事をさせていただきました。本当にありがとうございます。四谷の写真館を開設した以降もたくさんのお客様にもお越しいただきました。たくさんの写真を撮らせていただきました。感謝と激励の言葉も多数いただきました。これからもお客様に感謝の気持ちを持ち続け、今後とも皆様に親しまれ愛されるスタジオでありたいと思います。 

                                        サクラスタジオ代表 広田

 

 

Sakura Studio Photography's concept of photography

Think of photography as a "record" to keep a memory, and what is important is the daily life with someone. That's why I take pictures with my thoughts on this occasion.

 

① The photo of Sakura Studio is very simple. It is a rare studio in Tokyo that shoots only with a single color background of white or gray. We do not have costumes in our studio. We do not have any sets or props in our studio. This is because I think that the customer and the subject are the "leading role" rather than the production of studio sets and props. Of course, your favorite items and clothes that you bring in will be "a part of the leading role", so please do not hesitate to bring them in. I think that a photograph is not a "shine" but a "record at that time".

 

② Take time for each person. Please give me a maximum of 1 hour. Please take good care of yourself.

 It does not mean that the shooting time is one hour. It's not that you can take a good picture if you take it for a long time.

Early people finish in 10 minutes. Our studio is not a time system, it will end if you can take a convincing picture.

However, I take pictures "with feelings" for everyone.

Shooting time varies depending on the person.

 

③ We are particular about unique shadows.

Each person has a different face and shape. Therefore, each person creates a different light and creates a shadow.

Stick to smooth shadows. It seems easy, but it's actually a difficult technology.

 

 ④ We are particular about black-and-white photography.

Light, shadow, and facial expressions are the only photographs without color information. This is not just a matter of black and white.

It seems easy, but this is also a difficult technology.

 

⑤ We are particular about tools.

"Kobo, choose a brush" This is very important. I don't think you can take the best pictures without the best tools.

The camera is the Hasselblad, a medium-format digital camera that is common in the advertising world. In the studio, we use Nikon's high-end machines, which are advantageous for stable expression, and when we need unique color expression, we use top-class equipment from Japan and overseas such as Leica.

 

greeting.

This year marks the 18th anniversary of the opening of a photo office. The studio is in its 10th year. This time, we have organized the photos when renewing the homepage. I took out the backup hard disk that I used in the past and reviewed it again. October 29, 2004 ・ My first memorable professional job was to shoot a curry shop. It's still a film, not a digital one. When I reviewed it now, it was a really bad photo. When I think about it now, it's not a level that will cost me a lot of money. I'm really sorry for the customers at that time. Since then, I have made efforts and remorse, and managed to come to photography as a living business to this day. Thanks to the customers who really supported me. Over the past 18 years, I have done 3112 jobs (as of May 11, 2021). thank you very much. Many customers have visited us since we opened the photo studio in Yotsuya. I took a lot of pictures. We received many words of gratitude and encouragement. We will continue to express our gratitude to our customers and hope to continue to be a studio that is loved and loved by everyone.

Sakura Studio Representative Hirota


サクラスタジオは主に3つの事業を行っております。

・営業写真館事業「サクラスタジオ・フォトグラフィー」

・レンタルスタジオ事業「東京レンタル撮影スタジオ」

・商業撮影事業「サクラスタジオ・プロフォトサービス」

 

 

会社概要

株式会社サクラスタジオ

代表取締役 広田成太

 

業務内容

スチール撮影、ムービー撮影及び編集、写真館の経営、レンタルスタジオの運営、紙媒体編集・デザイン、アーティスト・タレントマネジメント 

 

従業員数 4名

 

資本金 9.990.000円

 

本社 東京都新宿区四谷4-9第2服部ビル2F(四谷4丁目スタジオ)

 

TEL 03-6884-2055

 

営業所 (東京レンタル撮影スタジオ)

四谷4丁目スタジオ 東京都新宿区四谷4-9第2服部ビル2F

四谷3丁目スタジオ 東京都新宿区四谷3-7かつ新ビル5F

東日本橋スタジオ  東京都中央区東日本橋1-4-10矢ノ倉ハイツ1F-B

外苑東通りスタジオ 東京都新宿区左門町8-3ロイヤルハイツB1

新宿曙橋スタジオ  東京都新宿区住吉町8-7山田ビル4F

 

 

創業 2004年10月1日 広田成太が写真事務所として前身であるMSCを開設

     〜略歴〜コチラをご参照ください

設立 2016年7月12日 株式会社サクラスタジオ設立

 

レンタルスタジオWEBサイトhttp://www.sakurastudio-rental.com